ありのままの自分を書き出し、今後の自分を決める

ありのままの自分を書き出し、今後の自分を決める

昨日からずっと、思いつくままに「自分ってこんなやつ」ってことを書き出しています。

今回は、ダメなところではなく、ただ単純に「自分ってどういうやつかな」っていうことを書き出しています。

ポイントとしては、それを「いい」「悪い」「長所」「ダメなところ」などと判断しないこと。

あくまでも、フラットに書いています。

自分について書き出す目的

下記のことを目的にして、自分について書き出しています。

  • 自分の良さを改めて発見する
  • 直すべきところ、どう直すかを発見する
  • 誰に何を言われても(それが自分の声であっても)譲らないポイントを決める
  • こう直す、こうする、と変えることを決める
  • 今後やりたいこと、好きなことを見直す
  • 自分にとって大事なものは何かを見つめ直す
  • 自分にできることを探し出す
  • できないこと、やらないことを決める

「なりたい」ではなく「こうある」自分

自分の可能性を決めないとは言ったけれど、あらかじめ、「こうする!」「こう!」と決めてしまう部分を持とうと思っています。

何にも流されたり惑わされたりしないように

と、いうのも私は意志がすごく弱いから、すぐに誰かの意見や、自分が勝手に作り上げた「こうすべき」に流されてしまいます。

勢いがあるときはいいけれど、体調を崩したり、ちょっと嫌なことがあって弱気になったときに、惑わされて、流されてしまわないように、決めておこうと思ったんです。

そのために、私自身はどんなものなのか、そして、どうありたいのか、を知っておく必要があると思いました。

「自分自身で勝手に決める」

そして、どんな自分かが見つかったときは、「こうある」と決めてしまおうと思うのです。

「なったらいいな」ではなく、「する」

「こうなりたい」というのは、「そうではない自分」をより印象付けることだと、よく言われているし、自分でも痛感しています。

「こうなりたい」という口先だけの願望は、そうではない自分への言い訳や甘えでもあります。

「『なっている』と完了形で言い切りましょう。」みたいなことはよく、「アファメーション」だったり「引き寄せ」だったりにもよく出てくるけれど、正直今まではすごく苦手だったし、胡散臭いと思っていました。

口先だけでも、思い込みでも、単なる願望でもなく「決める」

「完了形で言い切ること」が胡散臭いと思っていた理由は、「事実とは異なる思い込み」であり「言葉だけ」の問題であると思っていたからです。

今回私がやろうとしているのは、思い込みでも、言葉だけの問題でも、宇宙や月や神様に願うことでもなんでもありません。

すごく現実的で、でもすごく自分勝手で自分本位なことなのだけれど、それは、「こうである」と自分自身で勝手に決めてしまうということです。

今の現実がどうあれ関係ない、本来(もしくは未来)にそうであると決まっている、と自分で選んで、決めてしまうんです。

そうであると決まっているから、そのように振る舞えるし、そうなるって決まっているから、なんの疑いもなく努力もできる。

今までの私は自分ができないと決めつけ、自信のなさを言い訳にしているあまり、何事にもきちんと取り組むことができていませんでした。

だから今度は逆に、「そうある」と決めてしまおうと思ったのです。それも、自分自身の意志で。

どんな私になるかは、自分で選べる

連休中に、3月まで勤めていた会社の退職手続きで残っていたものを正式に最後まで完了し、私は何者でもなくなりました。

鍵と、保険証を返した帰り道に、とても温かい天気のいい中で車を走らせながら、思いました。

「あぁ、私はこれから何になろうか?」

まるでゲームで装備や衣装や外見を選ぶみたいに、自分が何になっていくのかは、自分自身で決められるような気がしました。

学校を選ぶときも、就職をするときも、恋をするときも、自分が何者になるかは、必ず誰か、もしくは何かから「選ばれなくてはならない」ことが多いように思います。

だからずっと、ふさわしい自分になろうと、もがいて、なんの理想にもなれずに苦しんで、自分をダメだと思い込んできました。

だけど今は、自分自身の意志で、「自分はこういう人間である」と決めてしまおうと思うのです。

大事なのは変わってくこと、変わらずにいること

どんな自分になるかを決めるための第一歩として始めたのが、最初に書いた「自分自身をフラットに書き出す」ということでした。

それがいい悪いとか関係なく、ありのままの自分をきちんと知り、受け入れ、その結果、変わっていくことと変えることを洗い出そうとしています。

「なったらいいな」「なりたい」「なった方がいい」は入れないルール

そして、決めるときには、今までの私であれば書き出していたであろう

  • なったらいいな
  • なりたいな
  • なった方がいいな
  • これを求められているんだろうな
  • あのひとが喜ぶだろうな

みたいなことは、逆に入れないことをルールにしようと思います。

「やりたい」ことではなく「やる」ことだけを明確に決めていくために。

さぁ、私はどんな私になろうか?

具体的な細かいところまで、どんどん自分を掘り下げたいと思うから、決めるのはもう少しだけ、先のお話。

決めたことは、書くかもしれないし、心に留めておこうって思うかもしれないけれど、ひとまずやってみようと思います。

変わりたい日記カテゴリの最新記事