日記

嵐のよるに

「できることがあったら、何でもするから言ってね」 そんな、誰にでも言えちゃうような都合のいいセリフじゃなくて 「なんでも。したいと思っちゃうよ。当たり前でしょ。だってあなただもん。」 という気持ち。 * * * たくさんたくさん、かっこいいところも、素敵なところも、笑ったことも、しあわせも、してもらったことも、見せてもらった夢も、たくさんあるから。 今さらどんな姿を見たとしても、感謝や愛しさが、減 […]

夏が終わって秋が来るから

第一報は、始業の2分前 「そりゃそうだよなぁ」 というのが、正直な感想でした。 その日は珍しく頭も手先もフルスロットルで動かさなくてはならない仕事だった。 だから、仕事中は、何も考えないようにしていた。 どんな人が選ばれたんだろう。 どんな4人で、どんなふうにストーリーが展開されるんだろう。 そのことはもちろん、私にもわからなかった。 「あ、やっぱね、そりゃそうよね。」 「そんなの夢物語よね、そう […]

私たちは卒業をするのでしょうか

真夜中のお散歩 眠れなくて、家をそっと抜け出してお散歩をしてた。 星が尋常じゃないくらいに綺麗で、空気はひんやり冷たくて、あぁ、本当に冬が来るんだなぁと思った。 うん。冬が来るんだなぁ。 秋のファッションが一番好きだったけれど、最近お洋服は全然買っていないなぁ。 次に東京に行く日までに、ひさびさひとつ、買おうかなぁ。 「学校」だったな、と思う。 「あの子がこんな風に頑張ってるらしいよ」 とか 「あ […]

今日は本当に何にもないです

まーだ、こんなこと言ってる いっこいっこ、夢から覚めていく気がする。 そもそもどこからが夢だったのかもよくわからなくて、「全部夢でした〜」って言われたら「あっ、そうっすか。」って言えちゃいそうな気がする。 「こんなもんだよなぁ」って自分の人生を諦めているような気分になって、誰とも口を聞かないまま1日が終わりそうになる。 あ、「今から入りまーす」って、仕事の電話はしたっけか。 夜になって、お風呂場で […]

用法用量をお守りください。

今日の文具 昨日はあんなにえんぴつな気分だったのに、今日は0.28mmのボールペンで小さな小さな文字を書きたい。困った。 「勉強ができないのは文房具のせいじゃないよ。」 昔見たバラエティ番組の終わりの一言が、10年以上経った今でも、記憶の中に残っている。 すごく久しぶりに、母とふたりでテレビを見ていた。 「バーチャルのオーディションを受けに東京へ行く」 と言った私に 「え?婚活するん?あの、CMや […]

微熱とキンモクセイ

37.6度 今日はやたらと寒いなぁと思ったら、案の定微熱があった。 もともとすぐに熱を出す軟弱体質だから慣れっこだけど、「あぁ、やっぱりな」と思うのと同時に、すごく安心した。 「よかった。これは熱のせいだ。」 暑すぎる夏が終わって、いよいよ燃え尽きてしまったかと思って、自分で自分がちょっと心配だった。 「ありがとう」「大好き」「嬉しい」「楽しい」「幸せ」 あんなにも前向きな言葉だけを連呼する夏は、 […]