微熱とキンモクセイ

微熱とキンモクセイ

37.6度

今日はやたらと寒いなぁと思ったら、案の定微熱があった。

もともとすぐに熱を出す軟弱体質だから慣れっこだけど、「あぁ、やっぱりな」と思うのと同時に、すごく安心した。

「よかった。これは熱のせいだ。」

暑すぎる夏が終わって、いよいよ燃え尽きてしまったかと思って、自分で自分がちょっと心配だった。

「ありがとう」「大好き」「嬉しい」「楽しい」「幸せ」

あんなにも前向きな言葉だけを連呼する夏は、多分もう二度と来ないんじゃないかなぁ。

秋の香り

微熱というのに、お家でじっとはしていられなくて、だけど話す相手もやりたいこともできることも見つからなくて、外に出た。

玄関を出る前からすでに、キンモクセイの香りがした。

本当に秋が来た。

と、いうことはこれから冬が来るんだなぁと思った。すごく、当たり前だけど。

ここ2年くらい、冬はすごく特別な季節だった。

毛布に包まりながら、素敵な配信者の方の生配信を観たり、好きな人の声を聴いたり、キュンとするようなドラマを観たり、なんだかとても暖かい季節だった。

今年の冬も温かければいいなぁ。と思ったけれど、よく考えたら一昨年は大雪で、車が雪に埋もれたり廃車になったりしたんだったっけ。

去年は本当に、暖冬だったけれど。

今年の冬は、誰とどんな風に過ごすのだろう。

順当にいけばまぁ、ひとりなんだけど。

#HAVE A DREAM

どうやら今日から消費税が「増税」したらしい。

そんなに大きな買い物をする予定はないし、小さな金額の増税分を気にするくらいならば、ちょこちょことコンビニに寄ってしまう弱い自分をなんとかした方がいい。

だから、増税しようがどうしようが、私には無関係なことのように感じていた。

うーん、こんな大人になっている予定ではなかったんだけどな。

せっかくだから、増税初日に何か買ってみようかな。下半期も始まるし、日記を書くノートを新調しようかな。

そう思って本屋さんに行ったけれど、これ!と思うノートには出会えなかった。

その代わり、HBのえんぴつを2本買った。

小学生が喜びそうなファンシーな文具のコーナーにしゃがみ込んで、手に取った2本のカラフルなえんぴつ。

家に帰ってよく見てみたら「HAVE A DREAM」と、そして「I LUV YOU」と書かれていた。

夏の終わり。

「ほみさんは今後、どうしたいですか?」

そう聞かれて

「とりあえずダイエットしまーす。」

って結構本気で答えたら笑われちゃったけど、まぁそれも今でも本気なんだけど。

おそらく、求められている答えに近いことを言うと。

「次に何か『やりたいこと』が見つかった時のために、ゆとりのあるシンプルな生活を手にいれる。」

それが今の目標かもしれない。

ガツガツ進むんじゃなくて、一旦すごくシンプルに、自分の生活だったり、キレイなお部屋だったり、お金だったり、時間だったり、そういうものにゆとりを持とう。

いつでもまた、旅するような非日常を楽しみたいと思える日まで。

HAVE A DREAM

今は、目の前にゴールがない自分でも、ちゃんと好きでいられる。

また、夢を見るための時間を、大切に過ごそう。

日記カテゴリの最新記事